韃靼人ふうのきんたまのにぎりかた | 平岡正明 | 仮面社 | 1980

¥ 2,800

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料300円が掛かります。

蘇るきんたま。

「きんたまゆえに十六年間陽の目をみなかった処女作である。」

平岡正明の評論のいちばんの特徴は、可視的なAとBから、彼方に(あるいは背後に)ある X が見えるという構造だろう。

彼は断言する。
Aを語りいきなりXのことを断言するから異境的に見えてしまうけれど、すべてのベクトルは「事実性ではなく真実性を提示することで精神を活性化させること」に向かっている。

無頼の握りどころ。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する