ひべるにあ島紀行 | 富岡多恵子 | 講談社 | 1997

¥ 1,200

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料300円が掛かります。

紀行と名づけられてはいるけれど、幻想と現実が交錯して織りなされるこの物語は、富岡多恵子的な神話とでもいうべき作品だろう。

『ガリヴァー旅行記』の作者スイフトをめぐるノンフィクショナルな考察が作品全体の縦糸となり、その綾に導かれるように、冬の国「ひべるにあ=アイルランド」を訪れる「わたし」の旅。

現実とも空想ともつかない様々な人々が交錯し、時空を超えるこの幻想の旅が、どこから始まりどこで終わったのか、すべてを読み終えても少しも確信が持てないけれど、荒涼として、それでいてどこか懐かしい「ひべるにあ」の光景だけは、くっきりと心に残る。

結局それこそが、彼女が伝えたかったことの本質なのかもしれない。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する