イカロスの墜落 | パブロ・ピカソ | 新潮社 | 1974

¥ 3,600 SOLD OUT

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

通報する

『イカロスの墜落(正式には悪にうちかつ生命力と精神力』は、パリのユネスコ本部の大ホールを飾るピカソ壁画。

この本は、ピカソがこの壁画のための最初のデッサンを描きはじめた1957年12月6日から、1958年1月29日に完成した最後の下描きまでの間の、数々のデッサンが美術評論家ガエタン・ピコンの解説とともに掲載された「イメージ・ドキュメント」だ。

巻末に、このガエタン・ピコンのテキストを翻訳した岡本太郎の跋文が載せられていて、その見事な文章はこんな文で結ばれている。

「やっぱり、彼の存在は美しかったと思う」